HOME > 拠点責任者からの挨拶
拠点責任者からの挨拶
融合光新創生ネットワーク 光科学推進センター長 兒玉 了祐

融合光新創生ネットワークは、平成20年8月より10年間の事業として、大阪大学、京都大学、分子科学研究所、日本原子力研究開発機構の4機関が中心となって開始しました。
本事業では、本拠点が有する世界トップレベルのフォトニクス結晶などに代表される質の高い光技術と、超高強度レーザー及び高輝度光・量子ビーム制御用プラズマデバイスで代表される強い光技術との融合により、テラヘルツ~X線、量子ビームに至る超広帯域の高品位高輝度光源を開発します。
これにより、タンパク創成から反物質創成といった幅広い分野において、学術創成から新産業基盤創出にまたがる光新創成を目指した世界拠点を形成します。また、有機的な連携により本拠点の世界最高レベルのレーザーや多くの最新供用装置を効果的・効率的に運用します。さらに学術から産業界を含めた我が国の光社会の将来を担う国際的な視点に立った若手リーダーの育成を目指します。
光科学は、国の重要施策として最先端の研究装置と人材と開発を通じて、より豊かな国民生活を享受できるものと自負しています。皆様のご指導とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

Copyright © C-PhoST. All Rights Reserved.